2010年04月30日

日本の技術を輸出!?

 原子力発電所の建設と運転技術を世界に売り込むため、政府と東京、関西、中部の電力会社3社は今年秋にも共同出資会社を設立する。
 「今秋にも世界で売り込み狙う」
 4月30日の朝日新聞の記事の一部です。
 具体的には、この新会社は海外営業を一体的に担うほか、電力各社が持つ原発建設技術や安全運転のノウハウを相手側に売るそうです。

 日本には天然資源があまりありません。
 唯一の資源と言えば、勤勉な日本人がコツコツと蓄えてきた技術なのではないでしょうか。
 大手企業は皆、海外に工場を造り現地の人を使い、掛かる原価を抑えています。抑えるついでに高い技術を日本から輸出しています。そんなことでいいのでしょうか?
 ものを知らない私が単純に焦っているだけならいいのですが・・・。
 外国に輸出する技術が日本では陳腐化した物ならいいのですが。

 鎖国とは言いませんが、極力、国単位で地産地消をした方がいいのでは?と思う今日この頃です。
posted by k-mogimogiman at 23:40| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

ディズニーシー

ちょっと前に行って来ました。
初TDSです。

IMG_0332.JPG

開園直後ですがやっぱり人が多い!
こりゃーアトラクションとか全て乗れないだろうと思いましたが、
意外や意外!どのアトラクションに行っても5分待ちくらいで、思った程混雑していませんでした。
ファストパスなんて必要なし!

春休みが終わり新学期が始まったばかりの平日なので、家族連れが少ないからでしょうか?みなさん行くならこの時期が狙い目ですよ!

一通りのアトラクションは乗りましたが、一つだけ乗らなかったのがこちら 

2010040912020000.jpg
タワーオブテラー

間近で見ると相当高いです。
どうもフリーフォール系(落下)らしいですが、僕はフリーフォールが大嫌いなので乗りたくありませんでした。しかしせっかく来たのに乗らないのもな〜と思い開園から閉園までどうしようか一日中葛藤していましたが、結局乗るのをやめました。
近くまで来た時に聞こえる悲鳴がまた行くのをためらわせてくれるんです。
次回来た時は挑戦してみよう。

IMG_0336.JPG
ショーも見応えがあります。

行ったばっかりですが是非また行きたいですね。
posted by gd-freaks at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

ゴールデンウィーク

この前の日曜日はむだに広い我が家の庭の草取りをしました。そして気分転換にお花を植えてみました。やっぱりお花って癒されますねぴかぴか(新しい)

さて、待ちに待った5月の大型連休がやってきますね。

みなさんはどこかに出かける予定は決まっているのですか???

とむそんさんはご友人の結婚式にご出席されるとか・・・おめでとうございます。結婚式いいですね〜(*^^*)

一生に一度の思い出になるよう頑張って盛り上げてくださいね。

ちなみに私の結婚式の時にもらった友人のスピーチに「夫婦生活とは長〜い会話である」とのニーチェの言葉をいただき、会話と笑いの絶えない家庭を作ってくださいと言われました。すごく印象に残っていますよ。

とむそんさんならではのキメゼリフでばっちり決めてくださいね。

この連休、私といえば、ほんとは家でのんびりのびのびしたいのですが、子供のサッカーの遠征があるので、毎日お弁当作りと応援でしょうか。

あとは我が家のお庭で友人家族と一緒にBBQする予定です。


連休、近場で良いとこがあったらぜひ教えてください。(*^^*)







posted by ここきち at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | カテゴリ未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

大役!

そろそろGWが近づいてきましたが、皆さん予定はもうお決まりでしょうかexclamation&questionひらめき
せっかくの大型連休、家でゴロゴロ過ごすのではなく何かしたいですよねわーい(嬉しい顔)ひらめき

 
 僕のGWの予定なんですが、2日に高校からの友人の結婚式に出席してきますトイレ

 友人の結婚式に参加するのは、今回が初めてですひらめき
 
 しかも、結婚式のあいさつを任されてしまいましたわーい(嬉しい顔)

 結婚式のあいさつってどんな事言えば良いのでしょうか!?どんっ(衝撃)

 友人からは5分くらい話をしてくれと頼まれましたダッシュ(走り出すさま)

 5分って長いのでしょうか?話し出すと短いのでしょうか?

 友人の晴れ舞台exclamationぴかぴか(新しい)

 奥さんになる女性も高校のクラスメートるんるん

 2人の事は良く知っています揺れるハートexclamation×2
 
 このような大役を任せてくれた友人の期待に応えたい手(グー)ひらめき
 
 当日、2人の幸せがより感動を呼ぶようなあいさつをしたいムード;ぴかぴか(新しい)

 今、2日に備えて思考錯誤しがら文章を考えているところですふらふら

 
 試験勉強より難しいなわーい(嬉しい顔)(笑)

  
posted by とむそん at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ツインズ

今日はピンチヒッターです。

筍がおいしい季節です。
毎晩食卓に登場しているので私はルンルンですが、子供たちは「え〜、また?」状態です。
子供が学校から聞いてきた話では、筍の日本の自給率は8%だそうです。
そう考えると我が家は本当に贅沢をさせてもらっていますわーい(嬉しい顔)

誰に?

母の実家の竹藪が我が家から30メートルの場所にあり、私より一回り若い従兄弟が
皮をはがした状態でせっせと置いていってくれます。
先日、居合わせた二女が「あみちゃんのお父さんがくれたよ」と母に話したそうです。
翌日、母がいるときに「あみちゃんのお父さん」の弟が筍をまた届けてくれたそうで
母が昨日はお兄ちゃんからもらった事を伝えると、それは自分だと話したそうです。
その話を二女にすると二女は「絶対あみちゃんのお父さんだった」と主張したそうです。

???目

実は私の従兄弟は双子です。
なんと二女は12年間もその事実を知らなかったのです。
確かにそれぞれ独立して地元以外で生活をしてはいるし二人揃ってる時に出会う事も少ないのですが…
祖母の葬儀の時は仕事の都合で交代で手伝いに来てくれたので、
二女は2日とも「あみちゃんのお父さん」だと思っていたようです。
今度二人揃った時に、きちんと子供達に紹介しようと思います。
まさか三女も知らないって事はないでしょうけども。

 @職場の先輩、職員・元職員のご家族 3
 A高校時代の友人 1
 B妹の高校時代の親友 1
 C同じ町で暮らしている同級生の子供さん 1
 D同じ町の先輩の姪と孫さん 2
 E同じ町の保育園児さん 1
 F二女の同級生 1
 Gママさんバレーの仲間の子供さん 1
 Hそして従兄弟の同級生(しかも同じ町) 1

   以上は私の周りの双子さんの数です。
   いらっしゃるものですね。
   
 ちなみにGは三つ子さんで高校は三人とも別々の学校に進学されたの で
 入学式には両親の他にバレーの仲間が仕事を休んで出席されたそうですexclamation


 
posted by こんぺいとう at 18:35| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

春の親睦会

今週の土曜日に事務所の親睦会があります。
今回は卓球とカローリングをすることになりました。
卓球はやったことがあってもカローリングは初めての人が多いと思います。
カローリングはカーリングをヒントに室内でも出来るように
1993年に名古屋で出来たようです。
ルールは、ほぼカーリングと同じ見たいですが、
カーリング特有のブラシを使うことはないようです(少し残念)
初めてなのでどんなに難しいのかは分からないけれど楽しみですね。
みなさん景品目指してがんばりましょう。
posted by i-chan at 20:08| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

本屋大賞

「2010年の本屋大賞が決定しました。」と今朝のニュース。

「本屋大賞」? 書店に行っても、芥川賞や直木賞受賞の本は店頭の良く見える所にあるので目が行くのですが、正直、「本屋大賞」は知りませんでした(^_^;)

「本屋大賞」とは、出版不況や読書離れに危機感を覚えた書店員有志により創設された賞で、今年で7回目、一番売りたい本を全国の書店員の投票だけで選出する点が特徴のようです。
何だか身近に感じられ、受賞作品を読んで見たいと思わせてくれるような賞ですね。

そして今年は、冲方丁(うぶかたとう)氏の『天地明察』がこの大賞に輝いたそうです。
本の内容は江戸・四大将軍家綱の時代を舞台に、「日本独自の太陰暦を作る」というプロジェクトのために奔走する天文暦学者・渋川春海を追った新感覚の時代小説との事です。

今まで本屋大賞を受賞した作品は、勿論売れ行きも非常に良く、更に、映画化になる事が多いという事も知りました。
昨年の大賞作品は、湊かなえさんの『告白』で、松たか子主演が決定しているそうです。
少し古いのは2006年、『東京タワーオカンとボクと、時々、オトン』これも本屋大賞受賞作品だったんですね。
今年の受賞作品もそのうち、映画化になるのかも知れませんね。
それも楽しみですが、映画化になる前に読んで見たいと思います。

書店に行く楽しみが出来ました(*^^)v
posted by rai-chari at 23:38| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようございます

のせるのが遅れてしまい、申し訳ありません。

先日から風邪をひいてしまったためになんだかとっても体調がすぐれません(T_T)
こんな時期に風邪をひいてしまうなんて(>_<)

みなさんも気をつけてくださいね(;_;)
posted by m-attitude at 06:09| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

華道研究会

昨日は、石見公民館で華道の研究会がありました。

16人くらいが集まって、米子から先生に来て頂いて自分達が活けたお花を見てもらい指導してもらいます。

我が家には花がないので、買ってもらった材料で活けますが、本格的な方は、家のまわりの花を摘んできて活けられます。

流派は一応どの人も同じですが、習う先生によって個性が出るようで、会社の課と同じようにカラーが出てきます。

自分はうまく活けられないのに、なぜか人の活けたお花にはあそこがちょっと違うとか、あそこはこうしたらいいのにとか言えると言うか分かる人が若い人におられるそうです。
講師の先生にとっては的確に指摘されるので驚異ですと言っておられました。

美しいものとか、きれいなものは、習っていてもいなくても直感的に分かるもので、型とか決まりを一応知った上で、自然の姿を活かした活け方が出来れば、それが理想のようです。

講師の先生いわく、基礎のお花を活ける技術が在る程度ついて来たら、手で活けるのではなく、足で活けなさいと....?

自然の山を散策して、大きな自然の中にある美しいもの、自然を観ることによって、みる眼に手がついて来るんだそうです。

私はまだまだ基礎の段階ですから、しっかり基礎を学んだ上で、うつくしいおはなが活けられれば良いかと思います。

展示会の話は今のところありませんが、機会があれば出品したいと思っていますので、するどい皆さんの眼で批評してください。

はずかしくないように修行しなくては....
その前に山積みの仕事を片付けてからですよね。眠い(睡眠)

posted by のりすけ at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

リコール

6年前に購入した我が家の洗濯乾燥機がリコールの為、本日新製品と交換になりました。

昨年9月、大々的に「洗濯機28万台再リコール、発火事故で異例の5回目」と新聞に載りました。

購入して丁度1年目、脱水前の水が入ったままの状態で運転停止となり修理へ。
1年と数日の為修理費は無料でした。
それからしばらくして1回目のリコール。基盤をまるごと取り替えてくれました。
それから3回くらい運転途中で止まることがありましたが電源を切ればなんとかもとに戻るのでそのまま使用していました(発火事故につながる乾燥はほとんど使用せず)。

新聞に製品を交換してくれると載ったのでメーカーから連絡があるはずだと思い込み待っていました。が、連絡はありませんでした。
年の変わらないうちにと、こちらから連絡をすると2月まで待ってくださいとのこと。
気長に待ってようやく本日交換となりました。
新製品はドアが前開きの為慣れるまで不便そうです。早く使い慣れるとよいですが。

昔はそんなにリコールを気にしていませんでしたが、最近は車でもなんでもお詫びの記事がよく目に付きます。
大量生産で一つの製品に欠陥がみつかると企業も相当の負担を強いられます。今後はより安全に配慮した物づくりを願っています。
posted by ふらわっち at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

地域医療格差

先日、孫が島根県立中央病院に緊急入院しました。
生まれてまだ6ケ月ですが、入院は3度目です。
浜田医療センターでは緊急時の乳児医療体制が整わず受け入れられないという現状です。

乳児医療に限らず、石見地区では医療スタッフ不足は深刻です。
江津市では医師が足りず、済生会病院の何部門かが閉鎖されましたし、益田の赤十字も同じような事態が起こっているようです。
かろうじて浜田は新医療センター設立され医療体制が整ったように思いましたが、現実は違っていました。

先日から緊急時の重病患者に出雲の島根医大および中央病院にヘリコプターで運べるシステムが確立したようです。

先日、孫の病室から撮影した写真がありますので掲載します。
この日は隠岐から3機のペリコプターが屋上のヘリポートに着陸しました。

こういうことにならないよう、一刻も早い医療体制確立を望みます。

091013_172103.jpg

それとは逆に中央病院の最先端医療のすばらしさを目のあたりにして感動しました。
posted by 高枝切鋏 at 18:22| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

先日に…

 また寒くなってきましたね、タイヤ交換は終わったのでこれ以上寒くなってももう知りませんよ…

 先日岡山へまた行ってきました。今回もダーツ目的だったのですが今回はいつもと違い、大会に参加するために岡山へ行ったわけです。

ダブルスにエントリーしていたのですが、相方は前日初めて会いました。会って速攻で作戦会議を実施。大会用の戦略を決め、いざ大会へ。ちなみにホテルは取ってないので店の隅(カウンター下)で仮眠、マスターいわく「瞑想」。人間どこでも寝れるのですね。

翌日大会で岡山県の総社市へ向かいました。
会場では益田の知り合いもおり、リラックスモードで大会に挑めました。予選を5チームのリーグ戦で行い4試合しました。結果は2勝2敗でなんとか予選通過。本線はトーナメント形式になるので一度負けると終了なので気合いを入れる、が… 一回戦敗退してしまいました、残念。ちなみに一回戦の対戦相手は準優勝しました。

岡山大会は初めて参加しましたがとても楽しかったです。また参加したい思います。
posted by ブブ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

チュ-リップ

 先週の日曜日、実家の近くの「チュ−リップ畑」を観てきました。
観てきたと言うより、実家に行ったら近くの田んぼの中に咲いていた、と言う感じです。

早速、携帯で画像を撮り、待受画面にしました。
何人かの方には画像を送りましたね。
小さすぎたから何の花かわからなかったみたいですが、
「チュ−リップ」の花ですよ。携帯電話

田んぼの一画に色々な色・種類のチュ−リップが多数、植えてあります。
見ごたえがありますよ。

毎年、義姉達が何人かで植えています。
今年は土をハ-ト型にし、かわいくまとまっていました。
その花も買えるそうです。
(休憩室に飾っておきました)

波積へお越しの際は是非、立ち寄って観賞して下さい。車(RV)

チュ−リップの花言葉は「愛」だそうです。
色によっても違うらしいです。
赤 愛の告白
白 新しい恋・失われた愛・失恋
黄 名声・正直・実らない恋・望みのない恋
紫 不滅の愛・永遠の愛
緑 美しい瞳
桃 恋する年頃・愛の芽生え・誠実な愛
斑 疑惑の愛
黒 ?

なんか私には縁遠いですね。
緑のチュ−リップって、観た事ないですね?

イベント情報を調べたら、
広島県世羅町、世羅高原農場で平成22年4月15日〜5月19日の間、
世羅高原チュ−リップ祭が開催されるみたいです。
6ヘクタ-ルに300種70万本のチュ−リップが咲き誇るそうです。
場所的に近いのか、遠いのかはわかりませんが。
時間のある方、行って観て下さい。











posted by まんじゅ at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

初心忘るべからず・・・

4月に入り、新入生の新しい制服姿、カバン、真新しい自転車等を見かけます(*_*)
初々しい姿がとても新鮮で良いですね!
新生活は、誰しも慣れるまでが大変です(--;)
何もかもが初めての事ばかり、人に慣れるのも大きな試練だと思います!
1日も早く新生活に慣れて、楽しい毎日を過ごして欲しいものですね(*^^*)

やはり何歳になっても、毎日をただ漠然と過ごしていてはいけませんね(=_=)
年の始めとか、4月とか、やはりスタートラインだと思って気分を一新改めるべきでしょう!
先日、あるテレビ番組でやっていたのですが、最近はおかしな言葉使いをしている。
店員さんが、「これでよろしかったでしょうか?」と尋ねていると言うのです。
普通に「これでよろしいでしょうか?」と聞いてもらった方が良い。

何だか使い慣れない言葉を使い、丁寧そうに言っているつもりなんだろうけど
使い方を間違っていると言うものでした。
確かに、最近、私もそう言われた事がありますが、やはり何か違和感がありました。

社会人1年生は、まず接客マナー等から教わるでしょうが、言葉使いは難しいですね(*_*)
そして、電話の対応や接客態度も・・・
私も初めて接客した時には、緊張したものです。それが今では・・・?

初心に戻って、丁寧な対応を心がけたいと思いました(●^o^●)
posted by 金太郎 at 18:05| Comment(6) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

高等学校等就学支援金

桜の花も盛りを過ぎ、いよいよ新学期が始まりました。

今日は入学式でしたね〜新入生のみなさんご入学おめでとうございました(*^_^*)
新しい目標に向かって頑張って下さい(^_^)v

我が家では下の子が、とうとう高校三年生になってしまいました。
始業式で早速、授業料の引落内訳表をもらって帰りました。
4月は出費が嵩んで大変です(>_<)

その中に「高等学校等就学支援金について」という説明書が入っていました。
公立高校は無償化ですが、私立高校の場合はこの制度で授業料を一部援助していただくようです。
『社会全体であなたの学びを支えます』力強いパンフレットです。
子供たちは意味を理解しているのでしょうか…子供に手渡してみました。
「母さん、負担が少なくなって良かったね」だって(~_~;)
違う何かを感じて欲しいのだけどなぁ

頂いて言うのもおかしいですが、親としては負担を軽減してもらえて本当に助かりますが、なんだか申し訳ない気になります。
社会として考えれば無駄な気がします。
本当に学びたいけれど、学校に行けないとか、続けられない子の為になら税金を投入しても良いと思います。
「支援すれば良い」と言う制度では無く「学びを支える」制度としてならば末永く定着して欲しいと感じます。

さあ、私は残りの資金繰りを考えなくては…
あ、そうだ!主人の加入している第一生命の端株割当て金をあてにしましょう(*^^)v 
可決されないかも(^_^;)
posted by ぷくぷく at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

子ども手当の影響

市報にこども手当に関するお知らせが掲載されていました。
私の家にも対象となる子供が2人おり、とても気になっていました。

制度の概要
制度開始:H22.4
対象:中学校終了までの児童
支給月額:1人当たり13,000円
支給月:6月・10月・2月
申請できる人:住民登録し、支給対象である子どもを養育している人
         (公務員は、勤務先からの支給)
申請手続:申請手続が必要な人には個別に文書を送付、
       児童手当の支給を受けている人は、申請不要

私の家での6月に支給を計算してみましょう!
子ども手当:4・5月分13,000円×2ヶ月×2人=46,000円
児童手当:2・3月分5,000円×2ヶ月×2人=20,000円(3/31で廃止)
合計46,000円×20,000円=66,000円が支給されるようです。

10月には13,000円×4ヶ月×2人=104,000円が支給ですね!
23年から扶養控除廃止の影響がどれ程あるかは試算していませんが、
今年の手取りが増えることは間違いありません。

この法律の目的は「子どもを教育している者に子ども手当を支給することにより、
次代の社会を担う子どもの成長及び発達に資すること目的とすること」
となっていますので、子どものためにしっかり考えて使って行きたいと思います。
posted by deco at 18:42| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

チョコレートのお酒その後、そして・・・

前回のブログに書いた「チョコレートのお酒」。

飲みました!
いや、飲むことが出来ました!!(^ー^)V

まぁ、実のところ願掛けの結果は「満願」成就ではなくて、「半願」成就なんですが・・・。

それはさておき、お味の方はどうだったかというと、
「う〜ん・・・?」という感じでした。

期待が大きすぎたのかもしれませんが、ちょっと薬っぽい味で、
さほど美味しいとは思えず、残念。

さてさて、上に書いたように「半願」かなったおかげで、
私は息子の大学入学式出席のために、はるばる長野県松本市まで行ってきました。

つい先ほど帰ってきたところです。

息子の大学入試センター試験が終わるまでは、
自分が松本市を訪れることになろうとは夢にも思っていませんでした。

そんな松本市ですが、行ってみるととてもいい町でした。
どうよかったかをここで書くと長くなるので、それは次回のブログに譲りますが、
こんな所で学生生活を送れる息子は幸せかも?と思いました。
それくらい、いい町でした。

息子が入学する大学のキャンパスも、彼が最初に伝えてくれた印象どおりの雰囲気のいいものでした。

入学式後の保護者ガイダンスでの、先生方や同窓会の方のお話、
父兄との質疑のやりとりも好ましく感じられました。

縁あって学ぶことになった大学、生活することになった土地。
息子も与えられた場所で、精一杯頑張ると言っています。

これからの4年間が実り多いものになることを祈り、親としては、見守りつつ支えていきたいと思います。

そのためには、これから自分がどうあるべきか。
何をなすべきか。
色々と考えをめぐらせた旅となりました。
posted by m-attitude at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

魚市場

4月5日の朝日新聞「ルポにっぽん」に東京都中央卸市場の記事が載っていました。
水産物の市場と言えば威勢のいい競りをイメージするのですが、10年ほど前から水産物の流通の主な流れが変わってきたそうです。
水産物で競りや入札が行われるのはマグロ類など高級魚を中心にわずか30品目だそうで、取引の8割は卸会社と買い手が相対取引で行っているとか。
市場の様子がこんなにもイメージと違うとは驚きますよね (*_*)

これはスーパーなどの量販店からの求めに応じて、競りを通さず卸会社から直接仕入れた鮮魚を、1日前後で売り切れる量に小分けする卸関連会社が増えたためのようです。1999年には卸売市場法も改正されて競り・入札の原則も廃止されたとか。

仲卸業者にもかなり影響が出ているらしく、従来の目利きの仕事「鮮魚を仕入れて売る」だけでは生き残れないということで、中には自前の加工場で、ウロコを取り、頭を落としたり内蔵も抜くなどの下処理をサービスで行っている業者もあるとか。サービスなので加工賃は取らないみたいです。
そういえば浜田にもこんな仕事をしている会社があるようですね。(加工賃を取らないかどうかはわかりませんが)

経済の当たり前の流れなのでしょうが、何か違和感があります。
仲卸業者に下処理を頼む飲食店は、人件費を抑えるためにそのようなサービスを求めているのでしょうが、その飲食店は消費者の「美味しい物を安く食べたい」というニーズに応えるために懸命な努力をしているのでしょう。スーパーも同じでしょうね。
でも、美味しい物は別として、安い物を求める消費者のために業者はなんとかして掛かる経費、特に人件費を削るので、結局は消費者の生活費の源泉である給与がカットされたり、最悪はリストラされるということが起こってくるような気がします。
自分の首を自分で絞めているようなことに思えて仕方ありません。

これは、地元商業にも当てはまるように思います。
安い物を買うために、週末は往復2千円で広島へ買い物に出かけることやネット販売を使ったり。
地元では食料品しか買わない。しかもイズミで。
これでは地元の商店などがやっていける訳はありませんよね。
大きな資本力には到底かなわないということもあるのでしょうか。

一昔前と同じ事(同じ商品の販売や販売方法など)をやっていたら食べていけないということがよくわかります。
世の中が変わればそれについて進化していかなと淘汰されるんですね。
東京だけが景気がいいと思っていましたが、中央卸市場の記事を読んでそうではないことがよくわかりました。みんな生き残るために懸命に努力しているんですね。
何かしら行動を起こさなきゃと考えさせられた記事でした。
posted by k-mogimogiman at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

3日、4日とこの週末はとてもいいお天気でした晴れ
桜もあちらこちらで満開で車の運転をしていても気になって仕方がありません。
思い切って、3日の土曜日に何年ぶりかで三隅の大平桜を見に行くことにしました。
国道から10キロも狭い山道を運転していると車(セダン)、子供2人はどんなところに連れて行かれるのやらと不安でしょうがない様子ですあせあせ(飛び散る汗)
「大丈夫、山道の運転は慣れているから」と安心させ(本当に?)
道しるべを確認しながら目的地に到着しました。
ちょうど桜祭りが開かれていて、神楽のお囃子が聞こえてきますし、大勢の人で賑わっています。
三女は目的の大平桜を見た途端、歓声を上げて「写真撮ってもいい?」を連発ですカメラ
前回はいつ来たのか憶えていませんが、2人の子供は憶えていないと言いますからかなり
以前のようです。
桜の枝は何年か前に強風で折れて台風、少し雰囲気も変わっているように感じました。
でも、その大きくて、やさしい姿はとても美しく、桜の木の生命力が心に響いてきますぴかぴか(新しい)
そしてこの桜を愛し守り続けておられる方々の努力のおかげで、
この美しい姿を見る事が出来る事に感謝、感謝です。

そして桜はもちろん、行くたびに楽しみにしているのがお茶席でするんるん
子供たちも大好きなので今回もおいしい和菓子と御抹茶をいただいてきました。
美味しかったですわーい(嬉しい顔)


posted by こんぺいとう at 18:20| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

旅立ち

今日は21:00ごろまで残業をし、そしてスーパーイズミで買い物をして家路に着きました。家に帰る途中、真っ暗な生湯の細いカーブを曲がったところで、道路わきに見事に満開になっている桜の木が2箇所ライトアップされていました。持ち主の方がいつもこの季節になるとかならずライトアップして、通行者を楽しませてくれるのです。なんていきな計らいなんでしょう。
桜って、実は夏ごろから、咲く準備をしているそうです。そして厳しい冬を乗り越えて春には人々を魅了する花を咲かせるそうです。そして寒ければ寒いほど、すばらしい花をさかせるそうです。
なんか人間みたいですね。

そして桜が満開になるこの季節、卒業、進学、就職等で新らしい人生への出発をする人たちがいます。私の友達の子供さんも、明日、進学で大阪へ出発します。小さいときからの家族ぐるみで付き合っていたので、とても寂しく思います。私が寂しいくらいだから、父母の寂しさははかり知れないものでしょう。

ふと、自分が親元から旅立ったときのことを思い出しました。
広島駅の新幹線口まで母が見送りしてくれたことを、今でも鮮明に覚えています。「石の上ににも三年がんばれ〜」と母がぽろぽろと涙を流して送り出してくれました。
私としては大げさだし、めっちゃ恥ずかしいなあと思いましたが、親の愛情を感じた瞬間でした。今親になって、親の気持ちがつくづくわかる今日この頃です。親の気持ち子知らずとはよくいったものです。

あれから24年、また母の世話になっていいる自分がいま〜す。
母もずいぶん年取っちゃいましたがちゃんと親孝行していますよ。(*^^*)

この4月は別れ、旅立ち、そして出会いと、色々ドラマがあります。
これから新たに出発されるみなさん、どうか、希望をいっぱい胸にふくらませ、これからの人生を自分らしく輝いていってくださいね。
応援してます。

がんばれよ〜(T△T)/~


「お前もな〜・・・・」 「はい!」
posted by ここきち at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。