2011年09月21日

ついに増税!?

みなさんこんにちは、あゆたのおでこです。

つい数週間前に野田政権が誕生しましたね。(個人的には馬淵澄夫さんになってもらいたかったのですが)
そして、財政再建を目的とした増税を行うべしとも述べておられましたよね。(一部報道では財務省のあやつり人形的な言われ方もされていましたが)

そしてつい先日このような記事が・・・
「復興財源、消費税は対象外 政府税調 臨時増税3案を決定」-フジサンケイ ビジネスアイ 9/17

政府税調の増税案は(1)法人税3年と所得税5年か10年の増税に加えて、地方税の個人住民税を5年か10年引き上げる(2)これにたばこ税などの増税を追加する(3)消費税を1年半増税する−の3案。2011年度税制改正法案に盛り込まれた所得税の控除見直しによる実質増税分も復興財源に回す。

 所得税は税額に一定割合を上乗せする「定率増税」と同様の方式で付加税を課す。増税期間5年なら約10%の増税、10年なら約5%の増税になる。法人税は23年度税制改正に盛り込んだ実効税率の5%引き下げを実施した上で、国税の税額に1割程度上乗せする。たばこ税は国税・地方税合わせて1本2円増税する。

というような案のようですが、消費税は野田首相の指示で選択肢からはずされたそうですので、残りの案で調整をされるのでしょう。

ただやはり思うのは、「いつもどおり、税金を取りやすいところから取る」んだな〜って感じです。
法人税については、諸外国は企業を呼び込もうと法人税率を下げたりしているのに、日本はなんでそういう考えに至らないのかな?ってことです。(ガラパゴス化しているのでしょうか?)
また、野田首相自身は円高に強い危機感を抱いてらっしゃるようですが、円高と同じくらい法人税の増税だって産業の空洞化を進める可能性がある、とも思われないのでしょうか?

月内の政府・与党案の決定を目指し協議をされるようですが、難航が予想されるようです。

てっとり早く、国民から非難が出なさそうな案ではあると思いますが、将来の財政再建や社会保障のあり方をどうするのかというデザインを少しくらいは意識して増税の青写真を描いてもらいたいものです。
posted by あゆたのおでこ at 22:19| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野田政権がスタートしましたが、まだあまりピンときません(=_=)
何だか迫力にかけるのか、街中のインタビュー等を聞いても期待度が薄いような・・・?
増税は、できればしてほしくないのはみんな同じ考えだと思います〜
ただムチャクチャな増税だけはやめてほしいものです(@_@;)
決定すれば従うしかないのでしょうから・・・(;一_一)
地震だ!水害だ!ってあまりにも続いているので、少し明るい話題があればいいですね!(^^)!
Posted by 金太郎 at 2011年09月22日 12:51
そうですね、それだけ民主党自体も国民に飽きられてきたのでしょうか。
おっしゃるように今年は災害続きですから、なにか明るい話題が欲しいところですね。
Posted by 金太郎さん at 2011年09月22日 21:56
世界に対しても恥ずかしくないよう、野田政権には少しでも長く続いてほしいです。
増税は仕方ないのかなとも思いますが、
国民の納得するかたちで進めていってほしいですね。
Posted by うねりん at 2011年09月22日 22:48
日本は毎年のように総理が交代してますもんね。実際あるニュースでは、日本の新総理の就任はあまりニュースになってない伝えてましたよ。
Posted by あゆたのおでこ at 2011年09月24日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。